パーフェクト・プラン - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


パーフェクト・プラン

パーフェクト・プラン
柳原慧 著

代理母として生計をたてる良枝は、かつて自分が出産した子(俊成)が母親に虐待されている現場を目撃し、子供を連れ去ってしまう。
彼女と三人の男がチームを組み、罪にならない誘拐を考える。
俊成の父を巧みに操り、ひと儲けを企むが、何者かの介入により、あと一歩のところで完璧な計画は崩れ去る。
裏で俊成の母を操り、彼らを本物の犯罪者に仕立て上げようとするの者の正体は!


株取引やハッカー、瞬間記憶能力などなど、とにかく色々な要素がぎっしり詰まっていて、とても面白い小説です。
ちょっと前の本ですから、ハッカーネタもやや旬をすぎてるかな〜って感じで、専門的なことがずらずらでてきますが、この辺は「そういうもんか」という程度に流して読むといいかもしれません。

まず代理母の良枝が子供を連れ出し保護します。このままでは犯罪になると思い、彼女の元愛人の幸司が、兄貴分の赤星と株屋の龍生を頼り、Enigmaを結成します。
俊成の父で投資アドバイザーの俊英に、母親による虐待を告げ、あくまで善意で俊成を保護していることを伝え、同時に有力な株の情報を与えます。
俊英の投資力の便乗し、ひと儲けしたEnigmaのメンバーは、彼を父の元に返すことで、すべてを終わらせようとします。ところが、彼らのメールでのやり取りを、何者かが盗み見て、俊成の母咲子を操り、計画の阻止をはかります。さらに警察までが参戦し、先の見えない展開になっていきます。

Enigmaのメンバーは金もうけを考えていますが、俊成の身も案じており、決して悪い人間ではありません。
リーダー的存在の龍生と父との絆や、自閉症の俊成が起こす奇跡など、人間ドラマもあって、一冊にまとめるのが惜しいような気がします。
最後はホラーかと思うような、ゾっとする展開もあって、最後の最後までハラハラドキドキさせられる読み応えのある小説です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パーフェクト・プラン(上)新装版 (宝島社文庫) [ 柳原慧 ]
価格:493円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)