ブルータワー - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


ブルータワー

ブルータワー
石田衣良 著

脳腫瘍で余命宣告をされた瀬野は、激痛に耐え切れず意識を失う。
そして目が覚めると、そこは200年後の世界だった。
生物兵器により、人類の大半は死に絶え、塔に住まう一部の人間を除き、人々は今なお感染による死におびえながら暮らしていた。
支配するものとされるもの。ただ死を待つだけのもの。すべてを破壊しようとするもの。
意識だけが時を超え、子孫の肉体へと乗り移った瀬野は、200年後の世界を救うことができるのか!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルータワー (文春文庫) [ 石田衣良 ]
価格:781円(税込、送料無料) (2017/10/28時点)



9.11の衝撃を小説にしたようです。
高さ2キロの巨大な塔とは、やっぱり崩壊したあのビルなのでしょうか。
人類の90%を死に追いやった生物兵器というのは、改良型インフルエンザウィルスです。世界大戦のようなものが起こって、ワクチンもつくっていない状態でそれをつかったわけですから、自殺行為ですね。
塔に住む一部の人間は感染の危険性はなく、それゆえ大地に住む人々を拒絶します。
なんとか塔への移住を果たしたい人々と、塔の住人との争いが続き、やがて殺戮が行われる事態にまで発展します。
瀬野は意識を失うたびに、現在と未来を行き来するのですが、未来に起こる悲劇をなんとか(本来瀬野が生きている時代で)食い止められないかと考え、過激な行動にでます。このへんはターミネーター2のような展開で、起こってもいない事でとがめられる人はちょっと気の毒かも。
意識しか移動することができない瀬野に、悲劇を食い止める手立てはあるのか?が大きな問題で、この話の見所なわけですが、そこがちょっと笑えました。散々小難しいウィルスの話をしておいて、それですか!って感じです。(それはそれで面白かったんですけどね。)

飛火野あきらさんの、「もうひとつの夏へ」という小説を思い出しました。(誰もしらないと思いますけどね。)

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)