Unityでアクションゲームを作る1 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12


Unityでアクションゲームを作る1

時間がなくてなかなか勉強できないっす。
本を一冊かって、あとはネットを駆使しながら、目指すはスーパーマリオっぽいゲームです。
もう少しアクション性がほしいかな。

何をやるにしても絵がないとやる気がでないので、仮の絵としてアニメパターンの多い「P3X-774」様の素材をお借りすることにしました。
これならUnityのAnimatorの練習にもなるってもんです。
しかし完成時はあの方にお願いして独特の世界観を表現してもらうのだ!。やってくれるかな・・・・。

VBを少しかじってはいたので、言語はC#を使うことに。似たようなもんだったので、なんとなくサンプルをみればできなくもないのですが、ネット上のサンプルはバージョン4xが多くて、どうにも5xだとエラーになっちゃいうことがしばしば。
それでも、歩いて、ジャンプして・・・・というところまでは簡単にできました。
2_2016022720361546e.jpg
ここからは敵も作っていきたいので、やはり仮の絵として【Rド】様の素材を使わせてもらうことに。アニメーションはないけど、種類が多いのがうれしい。
1_201602272036143ce.jpg
敵の動き1:障害物に当たると方向転換 を作りました。
いろいろ探したところ、Physics2D.Linecastとtransform.upで地面との接地状態を調べることができるということがわかったので、transform.rightで、右側のあたり判定をすることに。
当たるとbool変数に返ってくるので、tureなら方向transform.righに-1をかければできるってもんです。
思った通り。
ネット上のサンプルでは右向き左向きの絵を用意していたのですが、スケールをマイナスにすれば絵が反転するみたい。これだとどこかで不具合がでるのかな?

次回は
敵の動き2:バウンドしながら進む
を作るぞ。
5パターンくらい作ればいいでしょう。


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)