いつか響く足音 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


いつか響く足音

いつか響く足音
柴田よしき 著

母親を癌でなくし、その後父親が自殺。
絵里は、両親を亡くして、はじめて自分の甘さや無力さを知ります。
学生時代の同級生、朱美の影響でキャバ嬢として働きますが、ホストクラブやブランドものに入れあげ、夜逃げをする羽目になります。
借金とりから身を隠すため、朱美を頼り、彼女の住まいに居候させてもらうことになりますが、朱美は絵里を残し旅行に行ったきり帰ってきません。
お金もなく、食料も底をついた極限の状況で、来客を知らせるブザーが鳴り響きます。

世間知らずの馬鹿な絵里に共感もできないのですが、物悲しくもあり、そして癒される話でもあり・・・と思ったら、ちょっと面白い作りになっていました。
朱美の住む団地を舞台に、初めは絵里を主人公にして、彼女に近い視点から、絵里を居候させているお人よしの朱美、そして親切にしてくれる団地の住人里子の様子を描きます。
次の話では朱美を主人公して、彼女の視点から絵里への思いを描き、そして次に里子・・・というふうに視点が切り替わるのですが、それにより、その人物の印象や話の印象までもが変わってきます。
なかなかユニークで、でも心にしみる短編のような小説です。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)