シャドウ - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


シャドウ

シャドウ
道尾秀介 著
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャドウ【電子書籍】[ 道尾秀介 ]
価格:594円 (2018/5/3時点)




物語は、洋一郎の妻の咲枝が癌で他界し、荼毘にふされるところからはじまります。
洋一郎と息子の凰介、洋一郎と共に相模医科大学を卒業し、友人でもある水城徹、妻の恵、そして娘の亜紀の5人の視点をそれぞれ描きながら話が進んでいきます。

洋一郎と凰介が、なんとか日常を取り戻すかに思えたころ、家族ぐるみの付き合いでもあった水城の妻、恵が謎の自殺を遂げます。
洋一郎は妻の死後、不眠のため薬にたよるようになっており、また凰介は何かの拍子に奇妙な映像が頭に浮かぶようになります。
水城徹も奇妙な夢に悩まされ薬を服用するようになり、娘の亜紀の様子もおかしくなっていきます。


二章からは、洋一郎と凰介視点で描かれ、そして物語が進むにつれ、どこかしら違和感を覚え始め、それがだんだんと大きくなっていきます。
何かが狂っていることはわかるのですが、それがなんなのかはっきりせず、不気味な雰囲気が漂ったまま終盤へと突入します。
しだいに凰介の推理が中心になって、この叙述トリック的な話の核心が明らかになっていきます。
何を言っても種明かしになりそうなので、説明するのが難しい小説ですが、不気味さが漂っていて、とても面白い小説です。


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)