無痛 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


無痛

無痛
久坂部羊 著
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無痛【電子書籍】[ 久坂部羊 ]
価格:860円 (2018/5/13時点)





神戸で一家惨殺事件が発生。
しばらくして、精神障害児童施設の少女が犯行を自供。
外見から、病気だけでなく、犯罪を犯すかどうかもわかってしまう、医師の為頼は、少女の無実を見抜くが、少女の犯行を裏付ける証拠が発見され、事件は混迷をきわめる。


実際に起こったいくつかの事件を連想してしまい、少し読むのがつらい小説でした。
前半は猟奇殺人の謎を解く、純粋なミステリとして話がすすんでいきます。
主人公の為頼は街中で見かけたある男の、通り魔的犯行を予見して、菜見子とその息子の祐輔を救います。
為頼の不思議な力を知り、菜見子は自分の働く施設にいる十四歳の少女が一家惨殺事件に関係していることを打ち明けます。
このあたりから登場人物の背景がすこし広がり、菜見子の過去や、為頼の病院経営の話など、複線の話がでてきます。
そしてストーカーや、刑法39条の話へと発展し、やがて無関係だと思われたこれらの複線が一つになって、事件解決へと向かいます。
このころになると、ミステリというより、サスペンスとかホラーといった雰囲気が強くなります。

本作品中に、「治る病気はほっといても治るし、治らないものは治療しても治らない。」という確信めいた言葉が繰り返しできます。これは医師である主人公の考えなのですが、著者自身も医師であるだけに、真意を知りたいところです。
これに関連した小説に「廃用身」がありますが、こちらも大きな仕掛けのある小説です。


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)