ぼくのメジャースプーン - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


ぼくのメジャースプーン

ぼくのメジャースプーン
辻村深月 著

児童書かと思いきや、けっこう重たい内容になっています。
主人公は、ある特殊な能力を持った小学4年生の男の子です。
その能力とは、他人に二つの条件を提示して、必ずどちらかを実行させる事ができる呪いのようなもので、この力を使えば、相手を死に追いやることも可能です。
一族の中で、ごく稀にその力を持ったものが生まれることを母親から告げられ、力を使うことを固く禁止されます。

そんなある日、学校で飼っていたウサギが、一人の大学生の手によって惨殺され、第一発見者となった幼馴染の「ふみちゃん」は、あまりのショックから心を閉ざしてしまいます。
犯人は逮捕されたものの、悔悛の情が見られらない犯人に対し、主人公は激しい憤りを覚えます。

能力を使って、犯人にどんな罰を与えるのか・・・という漫画っぽい設定の小説なのですが、ここからがなかなか深い話になっていきます。

主人公の能力を危惧する母親は、同じ能力を持った親戚の秋山を紹介します。
そこで能力の詳しい説明を受けた主人公は、秋山と「命」や「罪の重さ」について、さまざまな事を話しあいます。
そのうえで、犯人に与える罰を自分で決めることになるのですが・・・。


一緒に考え、苦しみ、思わず泣いてしまう小説です。
読んでください。
そしてこれを読んだら「名前探しの放課後」も読んでください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫) [ 辻村深月 ]
価格:831円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)