ソロモンの犬 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


ソロモンの犬

ソロモンの犬
道尾秀介 著


ちょっと怖い雰囲気が漂いつつも、けっこう笑えるミステリ小説です。



大学生の秋内は、同じ大学の羽住智佳に一目ぼれ。
自転車配達便のバイトに精をだす一方で、同級生と友江京也と、羽住の友達の坂巻ひろ子の協力で、羽住との距離を縮めようと努力する。
そんなある日、彼らの小さな友人、小学生の陽介が事故に会い死んでしまう。
現場に居合わせた秋吉は、事故の直前、ある人物の不可解な行動を目撃し、陽介の事故が仕組まれたものではなかったかと疑念を抱く。


物語は、秋吉がたまたま立ち寄った喫茶店で、京也、智佳、ひろ子の三人と会い、陽介の死をめぐり「この中に、人殺しがいるのかいないのか話し合おう」という重い出だしで始まります。

ここからが本編で、彼らの出会いから陽介の事故までのあらましが描かれますが、全体としては、羽住智佳に思いを寄せる秋吉の様子や、京也とひろ子の関係を中心に、恋愛小説のような感じで進んでいきます。
会話の中にもふんだんにジョークが登場し、重い出だしとは対照的に、ユーモアがあって、かなり笑えます。
そして四人の関係に、少しずつ亀裂が見えはじめたころ、陽介の事故が発生します。すると一転、みんな、なにかしら隠しごとをしているような怪しさで、ミステリ小説らしくなっていきます。


いよいよ終盤、事件の核心へとせまってきたあたりで、とんでもない展開がまっています。
それありですか?!と、絶対思うはず。
これをどうやってまとめるんだ?と思ったときに、ああなるほど・・・一見大した意味を持たないと思われた伏兵がこんな形でオチを・・・。
「うまい」と思わず感心。
最後は、青春ミステリっぽく、すがすがしく終わっていくのが、これまたにくい。
おすすめです。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)