翳りゆく夏 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


翳りゆく夏

翳りゆく夏
赤井三尋 著
第49回江戸川乱歩賞受賞作品

東西新聞社の採用試験で内定をうけた女性が、20年前の嬰児誘拐事件の犯人の娘であることが週刊誌で報じられた。
この記事を出した週刊秀峰に一矢報いたいと考えた東西新聞社の上層部は、当時、多少の謎を残しつつ、被疑者死亡のまま解決とされたこの事件を洗いなおす事に。
ある失態から窓際に追いやられた元記者、梶がたどり着いた20年目の真実とは!


 タバコのにおいが染み付いていそうな中年の記者(今は資料整理係)が、当時の関係者をたずねて少しずつ真相にたどり着いてくハードボイルドっぽい小説です。
 推理小説を読むときは、できるだけ推理しないようにしています。最後の衝撃をより楽しむためです。もちろん予想に反したどんでん返しがあればいいのですが、推理どおりだったら、読書に費やした時間がもったいなく感じたりすることがあるので、できるだけ一つ一つに疑いを持たないようにして読みます。
 この作品、実はある一文から、かなり早い段階で犯人がわかってしまいました。どんでん返しを期待したのですが、そのままの予想通りの決着をみました。それでも面白いと思ったのは、やっぱり人間ドラマがあったからなんでしょう。そしてなにより内なる美徳を持った、苦みばしった男達に魅力を感じました。
 でも犯人の娘にばかりスポットライトが当たっていて、被害者の夫妻がなおざりになっているのが、ちょっと気になりました。両者にとっても、ある意味ハッピーエンドだったのかもしれませんが、真相を受けて、夫妻は今後抜け落ちた20年前の歳月をどうやって埋めていくのか気になります。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)