紗央里ちゃんの家 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


紗央里ちゃんの家

紗央里ちゃんの家
矢部嵩 著

小学5年生の主人公は、夏休みを利用し、父親と一緒に、従姉の紗央里ちゃんの家に泊り行くことになります。
紗央里ちゃんの家には、祖父母(父親の両親)と叔母夫婦そして紗央里ちゃんの5人が住んでいましたが、主人公と仲が良かった祖母は、数か月前に亡くなっていました。

こんな感じの設定で始まり、主人公が父親と共に紗央里ちゃんの家に着きますが、呼び鈴をならしても反応がありません。数十分待たされた挙句、出てきた叔母さんは、なんと血まみれ。
叔母は、魚をさばいていたと言いますが、明らかに様子が変です。そして紗央里ちゃんの姿もありません。
異変を感じ、この家の秘密を探ろうとした主人公は、洗濯機の下から人間の指を発見します。
祖母の死にも疑問を持ち始めていた主人公は、この指が祖母のものか、それとも行方がわからない紗央里ちゃんのものか、さらなる調査を開始します。


そもそもこの少年、指を見つけた時点で大騒ぎしないところから、すでに壊れている徴候がありますが、話が進むにつれ、いよいよもって狂ってるとしか思えない行動をとりはじめす。登場人物すべて狂っています。やってることも、言ってることもよくわからなくなってきますが、そこにまた怖さを感じます。手の込んだストーリーや下手な解釈は一切不要。狂ってるやつはそれだけで怖いというシンプルかつ強烈なホラーです。ホラー好きなら読むしかないですよこれは!


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)