2017年08月03日 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
5
6
8
21
26
08


「ひきこもり」たい気持ち

梶原千遠 著

臨床心理士である著者が、自らカウンセリングを行った中のいくつかを例にあげて、ひきこもりたい気持ちの裏側にひそんでいるものを伝えています。

自己啓発本ではないので、ひきこもってる人が読んで、どうこうなるような内容ではないと思います。
しかし紹介されたいくつかの例の中に、共感できるものはきっとあるはず。
ひきこもる子供を「弱い人間」と思う親は多いかもしれませんが、家庭環境が大きく影響し、親の、子供に対する依存度が、ひきこもりの引き金になっていることもあるのだと言うこともわかります。
幼年期の他人との出会い、ふれあいが、その後の人間関係の形成に重要な意味を持つのかもしれません。
幼い子供をもつ親に是非読んでもらいたいです。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


 
リンク