人生・人間ドラマ・人情 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


いつか響く足音

いつか響く足音
柴田よしき 著

母親を癌でなくし、その後父親が自殺。
絵里は、両親を亡くして、はじめて自分の甘さや無力さを知ります。
学生時代の同級生、朱美の影響でキャバ嬢として働きますが、ホストクラブやブランドものに入れあげ、夜逃げをする羽目になります。
借金とりから身を隠すため、朱美を頼り、彼女の住まいに居候させてもらうことになりますが、朱美は絵里を残し旅行に行ったきり帰ってきません。
お金もなく、食料も底をついた極限の状況で、来客を知らせるブザーが鳴り響きます。

世間知らずの馬鹿な絵里に共感もできないのですが、物悲しくもあり、そして癒される話でもあり・・・と思ったら、ちょっと面白い作りになっていました。
朱美の住む団地を舞台に、初めは絵里を主人公にして、彼女に近い視点から、絵里を居候させているお人よしの朱美、そして親切にしてくれる団地の住人里子の様子を描きます。
次の話では朱美を主人公して、彼女の視点から絵里への思いを描き、そして次に里子・・・というふうに視点が切り替わるのですが、それにより、その人物の印象や話の印象までもが変わってきます。
なかなかユニークで、でも心にしみる短編のような小説です。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

死神

死神 
篠田節子 著

福祉事務所のケースワーカー達と、保護を受ける人々との人間ドラマです。
しだれ梅の下、花道、七人の敵、選手交代、失われた日本の指へ、緋の襦袢、死神、ファンタジア
以上全8話のお話で、さまざまなドラマがあります。
高収入がありながら保護を受けようとするふとどき者を相手に奮闘する話もあれば、ホラーのような話もあって、地味な設定の小説ですが、かなり楽しめます。
業界に携わる人々の苦労が伝わってきます。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

夢ほりびと

夢ほりびと
池永陽 著

リストラされたことを家族に告げることができなかった佐伯は、家出をします。
山の上に建つ廃墟にたどり着きますが、そこにはすでに住人がいました。
何がしかの事情があって逃げて来た者ばかりが集まる廃墟での生活が始まりますが、佐伯は屋上に設置してある望遠鏡を使って、家族の様子を見て過ごすようになります。
そんなある日、望遠鏡ごしに見える妻の様子にある変化が現れます。
駄目人間達との生活を通し、佐伯は家族の元に戻る強さを手に入れることができるのでしょうか。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢ほりびと
価格:1646円(税込、送料別) (2018/3/4時点)



どこかヒョーキンな人たちが集まっているので、コメディーのような雰囲気はあるのですが、それぞれツライ事情を抱えているので、笑える小説ではありません。
なかなかまじめな小説かもしれません。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

ぼくのメジャースプーン

ぼくのメジャースプーン
辻村深月 著

児童書かと思いきや、けっこう重たい内容になっています。
主人公は、ある特殊な能力を持った小学4年生の男の子です。
その能力とは、他人に二つの条件を提示して、必ずどちらかを実行させる事ができる呪いのようなもので、この力を使えば、相手を死に追いやることも可能です。
一族の中で、ごく稀にその力を持ったものが生まれることを母親から告げられ、力を使うことを固く禁止されます。

そんなある日、学校で飼っていたウサギが、一人の大学生の手によって惨殺され、第一発見者となった幼馴染の「ふみちゃん」は、あまりのショックから心を閉ざしてしまいます。
犯人は逮捕されたものの、悔悛の情が見られらない犯人に対し、主人公は激しい憤りを覚えます。

能力を使って、犯人にどんな罰を与えるのか・・・という漫画っぽい設定の小説なのですが、ここからがなかなか深い話になっていきます。

主人公の能力を危惧する母親は、同じ能力を持った親戚の秋山を紹介します。
そこで能力の詳しい説明を受けた主人公は、秋山と「命」や「罪の重さ」について、さまざまな事を話しあいます。
そのうえで、犯人に与える罰を自分で決めることになるのですが・・・。


一緒に考え、苦しみ、思わず泣いてしまう小説です。
読んでください。
そしてこれを読んだら「名前探しの放課後」も読んでください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫) [ 辻村深月 ]
価格:831円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

リアルワールド

リアルワールド
桐野夏生 著

母親を殺してしまった少年に携帯電話を盗まれてしまった、ある女子高生とその友達数名は、メディアを賑わせている逃亡中の少年に興味を抱き、携帯電話での接触を試みます。
やがて少年の逃走を幇助したり、また行動を共にする者まであらわれ、彼らの思考は、大人にはとうてい理解できない世界へと入り込んでいきます。少年と数名の女子高生を通して、子供達の心の闇を暴き出します。





 

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)