ホラー - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
4
5
7
11
13
14
15
17
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


黒い家

黒い家
貴志祐介 著

保険会社に勤める若槻は、ある日、菰田という客の家に呼び出される。そこで子供の首吊り死体の第一発見者となる。不審なその事件に警察も動くが、その間、遺族である菰田夫妻から執拗なまでの生命保険の支払い請求が繰り返され、若槻を悩ませる。
保険金殺人の疑いをぬぐいきれない若槻は、独自に菰田夫妻の調査を開始するが、彼を待ち受けていたものは悪夢のような恐ろしい出来事だった。

保険会社の裏事情や心理学など、専門的な話もでてきます。
犯罪者を生み出す要因に、環境汚染によるDNAの損傷をあげるなど、かなり深いところまで掘り下げて犯罪者を分析するようなくだりが語られているため、長い話になっています。
しかしホラーとしての見所である、逃げ惑うようなシーンは、最後のほうまで出てきません。
それまでは心理的に追い詰められていく様子が描かれています。その分最後でいっきに恐怖が爆発します。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い家【電子書籍】[ 貴志 祐介 ]
価格:356円 (2017/10/21時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い家
価格:2052円(税込、送料別) (2017/10/21時点)



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

キタイ

キタイ
吉来駿作 著

第6回ホラーサスペンス大賞、大賞受賞作品です。

ある森に死体を埋めて七日過ぎると、死体に青い球体が現れる。それを別の人間に食べさせれば、死体が生き返る。
中国に伝わる死者の復活術「キタイ」を使って、18年前、少年たちは仲間の一人、葛西をよみがえらせようとした。しかし、それは失敗に終わり、彼らの人生は大きく狂うことになった。
ある者は自分が葛西であると錯覚し、またある者は幽霊の声や臭いに悩まされる。キタイにかかわった人間はことごとく不幸な人生を送り、そして18年が過ぎたとき、死んだはずの葛西が彼らの前に姿を現した。

復活した葛西は、なぜかキタイにかかわった人間を殺しはじめます。次々と仲間が殺されていく中、かつて逃げるように香港に渡った、深町が中心となって話が進んでいきます。
霊的なものではなく、「13日の金曜日」のジェイソンのように、はっきりと実体を持った存在に追われるサスペンスもので、途中、残虐シーンがかなり多いので、気持ち悪くなるかも。
キタイとはいったい何なのか?最後はその謎が解き明かされます。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

呪いの花園 幻影稼業

呪いの花園 幻影稼業
赤川次郎 著

ちょっとホラーっぽい不思議な話を集めた短編集です。
「悪夢」を売った人の話や、パソコンの中の女性と交際する男の話、家の隅を好む幽霊の話等。
ホラーと言っても、怖い話ではありません。ほのぼのしたり、ちょっとミステリアスだったり。手軽に楽しめる一冊です。


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

火群の館

火群の館
春口裕子 著

 明日香と真弓は、マンションを借りて共同生活を始めるが、明日香はすぐにマンションの異変に気づく。気味の悪い隣人、部屋の中で起こる数々の怪現象、そして友人の失踪。やがて魔の手は明日香にもせまる。

 さて、引っ越した場所で怪事件が起こるという設定は、ホラー小説では珍しくありません。ただ、この小説は、幽霊もののホラーとは違い、無差別に住人を襲うわけではなく、ま〜なんというか、復讐ですね。とはいえ、すべて人間の手でなし得るような話ではありませんので、どこまでが現実で、どこまでが明日香の妄想なのかよくわからないところがあり、心理的な恐怖をさそいます。

 主人公の明日香が司法試験合格のために勉強してるという設定から考えると、罪と罰をテーマにしてるのかもしれません。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

ぼっけえきょうてえ

ぼっけえきょうてえ
岩井志麻子 著


第6回日本ホラー小説大賞受賞作。

4つの短編がはいっています。
「生々しい」の一言に尽きます。
舞台は日本、時代はちょっと昔で、明治くらいでしょうか。
どの話も貧しさが根底にあり、皆生きることに必死で、なんというか・・・・人間になりきれてないとでも言いましょうか・・・・そんな人たちを描いた実に気持ち悪い話ばかりです。

じめっとした時期に読むと、なお気持ち悪くなることでしょう。


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


 
リンク