日記 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
4
5
7
11
13
14
15
17
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


在宅ワークで月10万円稼ぐ

いい加減会社に行くのが嫌になってきた。
家でゲームを作りながら、空いた時間にちょこちょこと仕事はできないものかと在宅ワークを探した。
結構あるのでビックリしたけれど、それなりのお金をもらうには、そこそこ高い能力も要求される。
一番多いのはライターの仕事だ。2000~3000文字くらいのコラムやブログ記事をかいて500円程度になる。
書くほどにお金がもらえるので、文章を書くのが好きな人は結構稼げる。
興味のある事柄だったらいいけれど、そうじゃないと大変だ。しかも文字に起こしづらい手先を使う作業の説明記事を書けと言われても困る。実際まるで書けなかった。
会社紹介や観光地の見どころなんかの記事は調べれば結構書ける。でも慣れないと1記事で2時間以上はかかる。
時給に換算すると200円くらいだったりして、結構がっかりする。
一番堪えたのがデータ入力だった。貴重な休日を二日つぶして300円にしかならなかった。もともとの説明に嘘があった。でも地味な作業がすきなので、ついついやってしまった。二度とやらないけどね。でもかなりの人がやっていたようなので驚いた。たぶんどれだけ慣れても時給60円がいいところだろう。
まあ今はサラリーマンだから遊びでやっているのだけれど、できればもう会社にはいきたくないのだ。
とりあえず在宅に関する本を読んで、これからの事を考えようと思う。





テーマ : 日記    ジャンル : 日記

いろいろ釣れた

また行ってしまった。
天気もよかったし、楽しかった。
小さいアジがたくさんかかったので、フライにしてビールのつまみにしました。
iroiro.png
一番大きいのはノミノクチかな?ハタの仲間だというのは間違いないと思うけど・・・。
その下のがわからない。いったいなんていう魚なんだろう。

使ったリールはこれ。お手頃な価格ながら、とても軽くて使いやすい。長時間の釣りでもまったく疲れない。

カサゴ

台風通過直後にまたまた行ってきました木負堤防。
雨風すごくてあんまり人がいませんでしたが、魚はたくさん。
kasago.jpg
今日はカサゴちゃんが一番の収穫でした。
あとはベラばっかり。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

キャップ装着用 ウェアラブル・ムービーカメラを使ってみた。

キャップ装着用 ウェアラブル・ムービーカメラを買ってみました。
釣りの様子を映像に残したいけど、一人だと手にもって撮影するのは辛い。
いいのがないかと探したところ、こんなものを発見。
cam1.png
楽天にて本体の価格は税込み4000円弱。やすっ!!
はたしてこれはアウトドア用のアクションカメラとしてつかえるのか!!

ただし記録媒体は付属してないため、32GのマイクロSDを調達。最大32G、クラスは6以上がいいでしょう。

下は付属品。ただしSDカードは別途購入しています。大きさの比較のためにおいてあります。
説明書は全部英語です。
英語はさっぱりですが、テキトウにいじったら使えたので、ここでは細かい操作も書いておきますので、英語が苦手な方は参考にしてください。
cam2.png
AVケーブルが付属しており、テレビに接続して、時計などの設定をします。USBでのPC接続では時計の設定ができません。
まずはじめにこの操作を行って、時計や日付の変更をお勧めしますが、その前に充電です。
家のコンセントから充電を行いましたが、2時間でフル充電されました。サイト情報では5時間です。PCからのUSB接続充電はためしていません。
充電中はランプが緑に点灯し、完了するとランプは消えます。電源を入れるとランプは赤く点灯し、録画中は赤の点滅です。

録画時は日付や時間が表示されますが、どうやらこれを非表示にする設定はないようです。
テレビに接続し、電源をいれるとカメラの映像がテレビに映しだされ、さらに電源ボタンを長押しすることで時計設定モードに入ります。録画ボタンで数値を送り、電源ボタンで項目を送ります。
どうもケーブルの接触がよくないらしく、テレビに映像が映らないことがあるようですが、ケーブルをひねったら映ったり・・・・。
まあ安いからこんなもんかな。

USBでパソコンと接続すると、ドライバがインストールされます。しかしカメラに対してなんらかの設定を施せるような仕様にはなっていないようです。ただのSDカードのドライブとして機能しますので、わざわざカードを抜き出して変換アダプタでSDカードにして・・・という手間は必要ありません。

録画はMPEG4フルHDです。1920×1080 30FPSです。解像度を下げるような設定もないようです。

帽子に取り付けるとこんな感じになります。
cam4.png
大きさ、厚さともにたばこの箱と同じだと思ってください。
この帽子のつばは5ミリほどの厚さがありますが、装着はかなりきついです。いいとこ3ミリが限界かと。
クリップ部分がおれそうな気配がありましたが、強引に装着。
その分下を向いたらするりと落ちるなんてことはまずないでしょう。
cam3.png
装着時の重さは、ほとんど気になりません。




電源を長押しすることで電源が入ります。あとは録画ボタンを押すだけ。
LEDランプがついています。手元を照らすには十分な灯りです。夜明け前、現地で釣りの仕掛けを作るには十分な明るさですが、夜間の廃墟撮影に使えるかというと・・・・絶望的です。
せいぜい1m前に光を反射する物体があったら映ると思ってください。街灯の下でもまるで映りませんでした。

デジタルズームで4倍8倍まで設定できるのですが、そもそも液晶モニタがないため、どこをどれくらいの範囲で映しているのかわからないので、あまりつかわないような気がします。

実際に映像をみた限りでは、目の位置より1mほど前にカメラがあるような印象です。
1m離れて絵を眺めると、実際の映像ではほぼ接写のように映っていると考えてください。
帽子のツバに装着し、録画しながら歩いてみると、上下の角度がわからないため、膝の高さあたりから道をひたすら録画している感じで、散歩中の景色を録画して楽しむには、何度か試してコツをつかまないと難しいでしょう。
上向きに帽子をかぶるか、少し上を向いて歩く必要があるかも。

結論ですが、映像はそれなりにキレイなのですが、やはり手振れ防止機能がないためアクションカメラとしては使い物になりません。普通に歩く映像もガタガタで目が疲れます。
英語がわからないので、なんともいえないのですが、説明書にHold steady when recordingとあります。
これはどういう意味なのか?なんとなく、録画時は動くな・・・・的な??違うのかな?もっと勉強しておけばよかった。

これでは釣りのビッグファイトが撮れないではないですか!!
ガーデニングやPCの自作など、ちょっとした作業の様子を自分目線で記録しておく・・・・くらいならいいかもしれません。
なにしろ両手が使えますし、そんなにゴツくないのがいいです。
安いので悪口を言う気にもなりません。使い道を考えて、工夫すれば便利に使えるような・・・・そんな感じです。

動画を見てもらうのが一番わかりやすいでしょう。
録画は1920×1080だったのですが、アップの際に低解像度に変換されてしまいました。残念。
調べるのも面倒なのでこのままどうぞ。


釣り 伊豆 赤崎木負堤防にて

寝ずに行ったというのに、さっぱりでした。
相変わらず小さいのがたくさんいて、餌をとられて終わりました。
今回の餌はアミエビ生スーパーハード、冷凍食品のボイルしたイカ、アサリ、そして豚タン塩ダレ。
豚タンは絶望的に釣れませんでした。ネンブツが二匹のみ。
あれはそのまま焼いて食うもんですわ。

釣れたのはイワシ、ベラ、そして・・・・・イシダイ???
tai.png
シマの数は7本だからそうなのか??
とりあえず小さいからリリースしましたけどね。
イワシとベラは塩焼きで美味しくいただきました。
疲れた・・・・。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


 
リンク