おすすめ本の紹介 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
4
5
7
11
13
14
15
17
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


黒い家

黒い家
貴志祐介 著

保険会社に勤める若槻は、ある日、菰田という客の家に呼び出される。そこで子供の首吊り死体の第一発見者となる。不審なその事件に警察も動くが、その間、遺族である菰田夫妻から執拗なまでの生命保険の支払い請求が繰り返され、若槻を悩ませる。
保険金殺人の疑いをぬぐいきれない若槻は、独自に菰田夫妻の調査を開始するが、彼を待ち受けていたものは悪夢のような恐ろしい出来事だった。

保険会社の裏事情や心理学など、専門的な話もでてきます。
犯罪者を生み出す要因に、環境汚染によるDNAの損傷をあげるなど、かなり深いところまで掘り下げて犯罪者を分析するようなくだりが語られているため、長い話になっています。
しかしホラーとしての見所である、逃げ惑うようなシーンは、最後のほうまで出てきません。
それまでは心理的に追い詰められていく様子が描かれています。その分最後でいっきに恐怖が爆発します。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い家【電子書籍】[ 貴志 祐介 ]
価格:356円 (2017/10/21時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い家
価格:2052円(税込、送料別) (2017/10/21時点)



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

果つる底なき

池井戸潤 著
第44回江戸川乱歩賞受賞作品

同僚はなぜ死んだのか?
「これは貸しだからな」彼が死の直前に残した言葉の意味とは?
融資、倒産、回収。銀行と企業をつなぐ金の流れにの裏に潜む闇に迫る本格ミステリです。

読み応えがありました。さすがに金融のプロが書いたものだけあって、金に関する不正が複雑巧妙でいて、それでもわかりやすく説明されているので、素人のアタシでもとても楽しめました。
一発どんでん返しの話ではなく、連続テレビドラマによくあるような、少しずつ真相に近づいていくタイプのお話です。
半沢直樹とはまた違った面白さですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

果つる底なき (講談社文庫) [ 池井戸潤 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/10/19時点)





テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

連鎖

連鎖
真保裕一 著

チェルノブイリ原発事故で汚染した食品の不正輸入の実態を暴いた友人が、不可解な自殺をはかる。真相を探る主人公の身にも、やがて組織の手が・・・。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連鎖 (講談社文庫) [ 真保裕一 ]
価格:720円(税込、送料無料) (2017/10/18時点)



とにかく、どんでん返しの連続です。ただ、そのたびにスケールが小さくなっていくような気がしないでもないわけですが、案外事件なんて、身近の些細な事がきっかけになってるのかもしれませんね。いったい何が「連鎖」するのか、最後の最後でわかりました。い

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

三匹のおっさん

三匹のおっさん
有川浩 著

定年退職後、ゲーセンに再就職した清田清一は、友人の立花重雄と有村則夫と共に、自警団を結成します。
清一は剣道の達人、重雄は柔道家、機械屋の則夫は改造した武器で武装し、向かうところ敵なしです。
この危ない三人組が、街で起こる様々な事件を解決していきます。
豪快な三人組に加え、清一の孫と則夫の娘との恋の絡んで、みどころ満載の小説です。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌

釘男

釘男
相原あきら 著

深夜の小学校で、教師の安達健吾が殺されているのが発見される。
直後、犯人は「釘男」であるという噂が流れ、注目を浴びたいがために、犯人を目撃したと証言するものや、釘男に狙われていると言い出すものまで現れ、警察の捜査は混迷を極める。
釘男の正体とは!

生活安全課の猪瀬警部補が活躍する推理小説です。
警察内部のゴタゴタが面白く描かれています。
帯に書かれている読者の声が、あまりに胡散臭くて読まずにはいられませんでした。
さらに、「大反響!この本の登場人物からの声続々!」の大きな売り文句が笑えます。
読者からの声ではなく、登場人物からの声ですか?!

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


 
リンク