おすすめ本の紹介 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
3
5
6
8
9
10
12
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02


GEQ

GEQ
柴田哲孝 著

阪神淡路大震災、911、スマトラ島沖地震、四川大地震の裏に潜む陰謀をジャーナリストの松永が暴きます。
フィクションといいながら、実名を使用し、エピソードも事実。
恐ろしい内容です。恐ろしすぎて何も言えません。
とにかく読んで判断してください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEQ 大地震 (角川文庫) [ 柴田哲孝 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/2/19時点)


テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

ファイナル・ゲーム

ファイナル・ゲーム
黒武洋 著


貫太郎は、大学時代に、試全倶楽部という非認可のサークルに属していました。
試全倶楽部の主な活動内容は人間観察で、メンバー内でいたずらをしかけ、その様子を観察するという悪趣味なものです。

大学を卒業し、ニートを続けていた貫太郎は、ある日、試全倶楽部の発起人でリーダーでもある桜正武からの招集を受けます。かつてのメンバーも同じように集められ、貫太郎、英太、達雄、玄、数馬の5人は、桜の会社が所有する島の研究所に連れて行かれます。
桜の話では、その研究所での遺伝子研究の過程で、変わった生物が誕生し、秘密裏に始末されるまでの間、施設の人間は島から退去させられているとのことでした。
桜の目的は、かつての仲間とともに、その生物を確認することでしたが・・・。

絶海の孤島で、化け物に襲われて逃げまどうホラーかと思いましたが、ちょっとちがっていました。
狂人の桜は、かつての仲間に殺し合いをさせ、その様子を観察するために絶海の孤島に仲間を集めます。そして研究所の中に閉じこめ、死んだ仲間の写真をメールで送ることを命じ、翌日の昼まで無事でいた者を島から脱出させることを約束します。さらに、5人の中にスパイが存在していることを告げ、彼らの猜疑心をあおり、殺し合いになるよう仕向けます。極限の心理状態で、生き残りをかけたゲームが繰り広げられます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 ファイナル・ゲーム /黒武洋【著】 【中古】afb
価格:129円(税込、送料別) (2018/2/17時点)



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

ぼくのメジャースプーン

ぼくのメジャースプーン
辻村深月 著

児童書かと思いきや、けっこう重たい内容になっています。
主人公は、ある特殊な能力を持った小学4年生の男の子です。
その能力とは、他人に二つの条件を提示して、必ずどちらかを実行させる事ができる呪いのようなもので、この力を使えば、相手を死に追いやることも可能です。
一族の中で、ごく稀にその力を持ったものが生まれることを母親から告げられ、力を使うことを固く禁止されます。

そんなある日、学校で飼っていたウサギが、一人の大学生の手によって惨殺され、第一発見者となった幼馴染の「ふみちゃん」は、あまりのショックから心を閉ざしてしまいます。
犯人は逮捕されたものの、悔悛の情が見られらない犯人に対し、主人公は激しい憤りを覚えます。

能力を使って、犯人にどんな罰を与えるのか・・・という漫画っぽい設定の小説なのですが、ここからがなかなか深い話になっていきます。

主人公の能力を危惧する母親は、同じ能力を持った親戚の秋山を紹介します。
そこで能力の詳しい説明を受けた主人公は、秋山と「命」や「罪の重さ」について、さまざまな事を話しあいます。
そのうえで、犯人に与える罰を自分で決めることになるのですが・・・。


一緒に考え、苦しみ、思わず泣いてしまう小説です。
読んでください。
そしてこれを読んだら「名前探しの放課後」も読んでください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫) [ 辻村深月 ]
価格:831円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

夜想曲(ノクターン)

夜想曲(ノクターン)
依井貴裕 著

役所勤め時代の同期の集まりが山荘で行われることになり、現在俳優をしている桜木も参加することに。
ところがそこで三日連続して殺人事件が発生。
なぜか事件当日の記憶がない桜木に、後日脅迫めいた手紙が届く。
それは桜木が犯人だと告発するものだった。
誰かの首を絞める生々しい記憶だけが残る桜木。
脅迫者の正体は!


山荘での連続殺人事件は、ミステリ小説としてはなかなか面白い設定です。
ただ、いろいろと無理があるかな〜っと思ってましたら、そこが解決のカギでもありまして、ちょっと変わった推理小説です。

何者かが、桜木に事件の詳細を記した手紙を送ってきます。これは彼が犯人だと告発する内容でもあるわけですが、小説風にしたためてあり、これがこの小説の本文というか、読者はこの手紙の内容で事件を理解して推理していくことになります。
しかし桜木に事件当日の記憶があったとしたら、まったく意味をなさない手紙でもあり、また桜木以外の人は記憶があるわけですから、このあたりからオチだけは容易に想像できます。しかしそれを論理的に説明しろといわれると、そこで語られる内容一つ一つをいちいち疑ってかかって検証しないと無理かもしれません。

手紙という形で、一通り事件の内容を記したあとで、「読者への挑戦」というタイトルで作者からのメッセージが挿入されているわけですが、犯人がわかっている状態でも、手紙の内容の矛盾点に気づくのは至難の業ではないかとおもわれます。
考察力が試される推理小説です。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

リアルワールド

リアルワールド
桐野夏生 著

母親を殺してしまった少年に携帯電話を盗まれてしまった、ある女子高生とその友達数名は、メディアを賑わせている逃亡中の少年に興味を抱き、携帯電話での接触を試みます。
やがて少年の逃走を幇助したり、また行動を共にする者まであらわれ、彼らの思考は、大人にはとうてい理解できない世界へと入り込んでいきます。少年と数名の女子高生を通して、子供達の心の闇を暴き出します。





 

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)