社会・道徳・政治・経済 - 風来の森日記 -

風来の森日記

本の紹介、自作ゲームの制作日記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


日本を虐げる人々

日本を虐げる人々

著者
渡部昇一
松浦光修
八木秀次

「偽りの歴史で国を売る徒輩を名指しで糺す」というスゴイ本です。

戦争やお隣の国に関する事がいろいろと書いてありますが、怖いので詳しくは書きません。



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

北方領土交渉秘録

北方領土交渉秘録
東郷和彦 著

少し古い本なのですが、今まさにロシアとの北方領土の共同開発が取りざたされているなかで、その歴史を言っておくのも良いでしょう。

「失われた五度の機会」というサブタイトルがついています。
近年もっとも親密になったといわれる日米関係の裏で、失われた領土返還の機会。
国益のために信念を持って職務に従事してきた結果、国を追われ亡命生活を余儀なくされた著者が、公務員の守秘義務にふれない範囲で、ロシア外交やムネオハウス事件、そして外務省の裏側を詳しく語っています。



テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

「ひきこもり」たい気持ち

「ひきこもり」たい気持ち
梶原 千遠 著

臨床心理士である著者が、自らカウンセリングを行った中のいくつかを例にあげて、ひきこもりたい気持ちの裏側にひそんでいるものを伝えています。

自己啓発本ではないので、ひきこもり本人が読んで、どうこうなるような内容ではないかもしれません。
しかし紹介されたいくつかの例の中に、共感できるものはきっとあるはず。
ひきこもる子供を「弱い人間」と思う親は多いかもしれませんが、家庭環境が大きく影響し、親の、子供に対する依存度が、ひきこもりの引き金になっていることもあるのだと言うこともわかります。
幼年期の他人との出会い、ふれあいが、その後の人間関係の形成に重要な意味を持つのかもしれません。
幼い子供をもつ親に是非読んでもらいたいです。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌


 
リンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングニッカズボン ニッカポッカ 73〜100cm
価格:1100円(税込、送料別) (2017/10/27時点)